守成クラブとは

単なる異業種交流会とは違い、「商売繁盛」前面に打ち出し「本音で自社をPRし、
互いに商売(実利)に徹して売上を伸ばす」ことを第一の目的とする
全国100会場、参加10,000名を超える経営者の為の異業種交流・商談会です。

守成クラブ理念

単なる異業種親睦交流会ではありません。

われわれ中小企業を取り巻く経済環境は日増しに悪化しているのは周知の通り。
それは、中央と地方の格差を広げる潮流でもあります。
その激しき流れは、大企業と中小零細企業の格差をさらに拡大していることでもあります。
国や行政の予算配分にいつも期待してきた私達、その期待の中にあったものとは?

わたしの業界は、法的に守られる……はず
地域で生きる私達だから必ず守られる……はず
私達は弱であるから守られる……はず


こう信じてきたのが昨日までの私達であるのでしょう。 しかしながら、この期待と願いである「はず」は、時流の中で押し流されてしまったようです。
このような厳しい時代の中、あなたの興した会社を守ることを、引き継いだ企業を守り抜くことを
目的にここに守成クラブが誕生しました。
「かけがえのない会社を潰してはならない」この一点を貫き運営されてい商売交流の全国組織です。
単なる異業種交流とは違い、「商売繁盛」を前面に打ち出し、「本音で自社をPRし、互いに商売
(実利)に 徹して商売を伸ばす」ことを第一の目的としています。
会員同士が力を合わせて互いのマーケットを拡大すると共に、互いの商売繁盛をめざし実利に徹した
商談を 積極的におこなうものです。
しかもそのネットワークは全国規模にひろがっています。

毎回大勢の参加者が集うことは、お互いにビジネスチャンスを広げること。
毎回新しい参加者と出会えることは、互いのマーケットが更に広がること。

はじめてである多数の経営者と交換した1枚の名刺…。
その名刺からやがてビッグなビジネスチャンスが生まれます。ビジネスは、行動なければ結果も生まれない。
さぁ、あなたも経営者として踏み込んでみませんか。
あなたの行動力と決断力をもって守成の扉をあけてください。がんばっている仲間が、がんばるあなたを待っています。

一人はみんなのために みんなは一人のために

創業は易し、守成なり難し

「貞観政要」という中国の書物から引用した「創業守成」(守成は創業より難し)、
同時に「先祖の完成した事業を受け継いで守っていく」とする守成(史記)の言の2つを基に伊藤小一創設者が命名しました。

新しいチャレンジ、めざすその無垢な心を真っ白な地色に、そして、挑む勇気と燃える情熱が真っ赤な文字となりました。また「が・ん・ば・れ」の4文字は
伊藤小一創設者の創始の心魂が表現されています。地域の中小零細弱企業のみなさん達よ!
がんばれ!負けるな!そんな会長の声が聞こえてきます。

  1. 「守成クラブ」への入会は、会員の紹介が必要です。
  2. 健全なる会運営のために、政治的、宗教的かつ非社会的な活動を目的として入会することはできません。
  3. 仕事バンバンプラザは、中小企業の経営者及びそれに準ずる方で運営されております。
  4. 仕事バンバンプラザへのゲスト参加(社長およびそれに準ずる方)は大いに歓迎されますが、
    同一人物の参加は一回のみとさせていただいております。
  5. 仕事バンバンプラザの良いところは、正会員になってどんどんビジネスチャンスを広めることに尽きます。
    ひと汗流して準会員から一日も早く正会員になりましょう。
  6. 一人はみんなのために、みんなは一人のために。

日本で初めて鉄道が、明治5年(1872年)に新橋〜横浜間に開通しました。
その時、駅長が発した『出発進行』という掛け声。
まさに新しい時代[明治維新]の時を告げる声です。いまや[平成維新]!
《守成クラブ》に参加する一人一人が、駅長さんの立場で、
平成維新の主役として、『出発進行!』を全員で元気よくやりましょう。
《守成クラブ》の例会に「諦め」はありません。
今日この出会いこそ、ビジネス・商談の始まりです。
今が、前に向かって進んで行く出発の時だとおもいます。
守成クラブはその由来をもとに、出発進行の掛け声とともに「オー!」の
ご唱和で例会を締めくくる事とさせて頂いております。

守成クラブ札幌東会場
代表 藤野睦子

13年前、大切な家族と社員を守る為に自分の会社を潰してはならない!との創設者の熱い思いで設立された守成クラブ。
第1号の札幌会場から生まれたこの札幌東会場も5月で8年目を迎えました。
3名の歴代代表を経て、現在登録会員数は200名となっております。
守成クラブは、夢・安心・スピードのキーワードを基に会員全てが信頼できる紹介者を通して入会し、 自らの市場を自ら拡大し、今や全国に100以上の会場が設立され、10万社結集という目標を掲げて巨大なマーケットに発展してまいりました。
「1人は皆のために、皆は1人のために」の理念を持ち、毎月の例会、商談会、ランチ会などを開催し、盛んに商談を繰り広げております。
札幌東会場の会員はとても仲間意識が強く、自分の為ではなく他の会員の為に動いている方が多いのではないかと実感しております。
困っていたり、探していたり、求めていたりしている会員の為に進んでビジネスマッチングをしたり紹介したり、まるでその会社の営業マンの様に働きかけている姿をよく目にします。
確実に業績を伸ばし人脈を増やし、明るく活き活きと活動している会員は少なくありません。
1人でも多くの経営者にこの素晴らしい守成クラブをお伝えして、これからも市場拡大に努めていきたいと考えております。
世話人をはじめ会員全員が力強いサポートをしてくださると確信しています。